Skip to content

【純利161億】Cygamesの最新決算(売上・利益)を調べてみた

グランブルーファンタジーやプリコネなど数々のヒットタイトルを世に出しているCygamesの売上・利益を調べてみました。

Cygamesとは

株式会社Cygamesは2011年5月に設立されたサイバーエージェントのグループ会社です。

ビジョンは「最高のコンテンツを作る」で、スマホゲームやコンシューマーゲームを運営・開発しています。

近年はテレビ番組やプロサッカーチームのスポンサーにもよくなっています。イタリア強豪のユベントスのスポンサーはまじしびれました。(動画めっちゃかっこいいです!)

ちなみに、Cygamesのオウンドメディア「Cygames Magazine」で詳細な社内の様子がうかがえるのでおすすめです。

Cygames Magazine | Cygames

「Cygames Magazine(サイゲームス マガジン)」は、Cygamesに関する様々な情報をお伝えする総合メディアです。社員インタビューや働く環境の紹介などを通して、Cygamesが大切にしている考え方やコンテンツ作りの裏側をご紹介。採用情報も随時お届けします。

Cygamesが運営・開発するゲームタイトル

創業当初はモバゲー上で提供するブラウザゲームが中心でしたが、最近はスマホアプリやPS4向けのタイトルも開発しています。

タイトルリリース日デバイス
神撃のバハムート2011年9月1日スマホブラウザ・アプリ
アイドルマスター シンデレラガールズ2011年11月28日スマホブラウザ・アプリ
ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト2014年1月23日スマホアプリ
グランブルーファンタジー2014年3月10日スマホブラウザ・アプリ
アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ2015年9月3日スマホアプリ
Shadowverse2016年6月17日スマホアプリ
LOST ORDER未定スマホアプリ
プリンセスコネクト!Re:Dive2018年2月15日スマホアプリ
ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS2018年9月6日PS4
ドラガリアロスト2018年9月27日スマホアプリ
WORLD FLIPPER2019年11月27日スマホアプリ
グランブルーファンタジー ヴァーサス2020年2月6日PS4
シャドウバース チャンピオンズバトル2020年11月5日Nintendo Switch
ウマ娘 プリティーダービー2021年2月24日スマホアプリ

Cygamesがリリースするタイトルはどれもストアのセールスランキング上位に入っていて、ボラティリティが高い市場にも関わらずヒットの再現性がありすごいですね。

Cygamesの売上・利益

(億円)売上高経常利益純利益
2017年度922181133
2018年度966154113
2019年度1,086195110
2020年度1,104243161

Cygamesの売上・純利益は上のようになっています。

2019年度のサイバーエージェント全体の売上高が4,536億円なので、およそ24%近くをCygamesが生み出していることになります。またゲーム事業の売上高が1,522億円で、およそ72%を占めています。

ちなみに純利益率は少し低い感じがします。
例えば、アカツキだと
◆2019年度
売上高:281億円
純利益:78億円
純利益率:27.7%

なのに対して、Cygamesの純利益率は10.1%になっています。

予想なのですが純利益率が低いのは、まだ世に出していない開発中のタイトルが相当あるのではないかと思われます。

また色々な設備に投資をしているのも影響してそうですが、ビジョンの「最高のコンテンツを作る」には必要不可欠なんだと思います。

2021年2月24日にウマ娘リリース決定!

待ってました!ついに、2021年2月24日(水)にウマ娘のリリースが決定しました!

事前登録およそ3年…!とても楽しみですね。

その他の新作タイトルの発表が楽しみです。


おすすめ記事

【純利161億】Cygamesの最新決算(売上・利益)を調べてみた

4 Comments